ドール「極撰(GOKUSEN)」バナナ/ バナナ トロフィーin 東京マラソン2014/Dole「GOKUSEN」Banana/ BANANA TROPHY in TOKYO MARATHON 2014

06.23.2014 tokyo | works

Banana Trophy in 東京マラソン2014
http://award.dole-tokyomarathon2014.com/jp/

電通Y&Rでは、東京マラソン2014を舞台に、株式会社ドールのバナナ「極撰(GOKUSEN)」のブランドキャンペーンを企画・実施いたしました。

「極撰」は、ドールバナナの最高級ブランドです。
そして、東京マラソンはアマチュアランナーにとっては最高峰の舞台。

そこで東京マラソン2014に協賛し、91,000本の「極撰」を無償提供することに加え、「極撰」を名実ともに"最高級のバナナ"としてブランディングすることを狙いました。

スポンサー企業の大半がランナーのゼッケンやコース内の広告スペースを活用したプロモーションにとどまっているように、厳しい規制の中で意義のあるブランドキャンペーンを実施することは容易ではありません。

その最高峰の舞台で、忘れられない「極撰」の体験をしてもらうために、"世界に1つだけの食べられるトロフィー"、「BANANA TROPHY」を開発。
抽選で選ばれた200名のランナーの氏名、完走タイム、Facebook上に書き込まれた友達の祝福コメントを、「極撰バナナ」にプリントしてプレゼントし、完走を祝福しました。

「バナナトロフィーをもらうために頑張った」、「もったいなくて食べられない」などの投稿が、Facebookを中心に720,000人へシェアされたほか、メディアコスト0円でTV・新聞など1億円超に相当するメディア露出を獲得し、キャンペーン情報は述べ2,800万人に行き届きました。

商品×リアルイベント×SNSをしっかりと結びつけ、栄養補給と共に完走の達成感を"噛みしめる"ことのできる本キャンペーンは、第61回カンヌライオンズ国際クリエイティビティフェスティバルのメディア部門ショートリストに入選し、国内外のウェブサイトでも数多く取り上げられています。
Dentsu Y&R has planned and executed a promotional campaign for Dole's premium banana brand called "GOKUSEN" for the TOKYO MARATHON 2014 event.

GOKUSEN is Dole's most supreme ranked banana.
And TOKYO MARATHON is the largest and most prestigious marathon race in Japan. Participating in the race itself is an "ultimate" experience for the runners.

So, we aimed to brand the GOKUSEN as the "ultimate banana" both in name and reality, by sponsoring TOKYO MARATHON 2014 and donating 91,000 bananas to the runners.

As most of sponsor companies execute their promotion only by using existing ad space such as runners' bibs or along the course, it is not easy to create an interesting brand campaign within these strict regulations.

In order to offer the runners an unforgettable "ultimate" experience in one of the world's top marathon races, we developed the concept of the "BANANA TROPHY", being the only one edible trophy in the world.
Over 200 selected runners drawn by a lottery received this special trophy which had each runner's name, finish time and congratulatory messages from their Facebook friends printed on the surface of the "GOKUSEN banana".

Comments such as "I did my best to receive the banana trophy" and "It is too precious to eat" were shared with 720,000 people, mainly on Facebook. The total media coverage was worth well over 100 million yen, reaching more than 28 million people despite the zero media cost.

The "GOKUSEN" campaign that linked the product with a real event and the use of social media while giving the runners nutritional support, as well as a sense of accomplishment, made the Media shortlist in the 61st Cannes Lions International Festival of Creativity in 2014, being picked up by many Japanese and overseas websites as well.

back to top

リクルートキャリア「リクナビNEXT」/すっげーあるぞ!○クナビNEXT! Recruit Career Co., Ltd. / So many possible words! ( )kunabi NEXT!

11.20.2013 tokyo | works

DY&Rでは、リクルートキャリアの転職・求人情報サイト「リクナビNEXT」のプロモーション「すっげーあるぞ!○クナビNEXT!」を企画・実施いたしました。

いざ転職を思い立ったときに、「転職」や「求人」といったワードではなく、いかにブランド名である「リクナビNEXT」で検索してもらうか。そこで私たちは、一文字違いの「◯クナビNEXT」というサイトをTumblr上に70個用意しました。

この「○」の部分に好きなカナを入れて検索すると、50音に加え濁音・半濁音、計70音分の小ネタ満載のコンテンツを楽しむことができます。

「"ア"はどんなネタだろう?」「"ン"はあるのかしら?」そんなふうについつい検索しているうちに、自然と「リクナビNEXT」の名前を覚えてしまう、という仕掛けです。

国内では珍しくキャンペーンサイトの全てを ウェブログサービスTumblrを使った点、また、新しい検索体験を提供したプロモーションという点で、2013年12月号の『宣伝会議』「前代未聞!前人未到のプロモーション」にも特集されています。
DYR has planned and executed a promotional campaign for "Rikunabi NEXT", a career change website from Recruit Career Co., Ltd.,

When people think about switching jobs, they often search words such as "career change" or "job offer". Our mission was to give the brand name "Rikunabi NEXT" top-of-mind awareness when they go online for relevant information.

So we first created the key campaign phrase "So many possible words!  (_)kunabi-NEXT!", encouraging people to fill in the blank with 70 possible Japanese letters to search new words. We also developed 70 different websites on Tumblr with interesting contents matching each of 70 keywords.

The objective was to enhance brand recall by letting people think about different keywords and search them for fun. As a result, we expect they will naturally recall "Rikunabi NEXT".

This campaign was featured in the December 2013 issue of the magazine "Senden-Kaigi" as an "unprecedented promotion in Japan", as all the campaign sites were developed on Tumblr, with the promotion offering a new search experience to consumers.

back to top

東急電鉄 / ポイントサービス 「のるレージ」会員登録促進キャンペーン Tokyu Corporation / Campaign to increase the membership of Noruleage, a frequent passenger membership program

08.29.2013 tokyo | works


DY&Rでは、東急電鉄のポイントサービス「のるレージ」の会員登録促進キャンペーンを企画・実施いたしました。

このキャンペーンは、「のるレージサービス」をきっかけに東急電鉄モバイル会員を獲得することが目的ですが、マイレージやポイントカードサービス自体には新鮮味がなくなっており新たな興味を喚起しづらいという課題がありました。

そこで、景品やプレゼントで惹きつけるのでなく、楽しい「体験価値」を提供するというコミュニケーションを組み立てました。まず、"TOKYUキモチも乗せる化計画"という大きなビジョンのもと、「のるレージ」を「東急の電車に乗ることをもっと楽しくするサービス」と位置づけました。「のるレージサービス」を東急が仕掛ける一大ゲームに、「乗客一人一人」をゲームの主役にすることで、移動手段である「駅構内・電車」を楽しいゲームの場に設定しました。

"目指せ、名誉駅長!"を合言葉に、「ポイントためるほど、偉くなる。偉くなるほど、良いことふえる」というサービス内容を、東急電鉄キャラクターの「のるるん」をかぶった人々を通して、ユーモラスに展開しています。

キャンペーン開始以降、登録会員数はキャンペーン以前と比べ約2倍のペースで増加し続けており、当初の年間目標を上回る会員数を獲得することが見込まれています。

We have planned and executed a promotion for "Noru-leage", the point service program similar to frequent flyer mileage. By using Tokyu Lines' mascot character called "Norurun", we communicated the service "the more often you use the Tokyu Lines, the more point you get to exchange for various prizes" in a humorous way.

The campaign objective was to increase the Tokyu Lines' membership through Noru-leage. But we had a challenge that the service itself did not seem new and attractive to those who already have various kinds of loyalty programs.

So we decided to attract passengers not with giveaways but with an enjoyable customer experience. To give people fun in taking the train, we set Noru-leage as a big fun game that each member of the Tokyu Lines can become a main game character in the game stages which are the train stations and train cars.

The membership has increased approximately twice the rate of increase experienced before the campaign. It is expected that we will exceed the initial annual target for membership growth through the campaign.

back to top

ダノンウォーターズオブジャパン株式会社 / ボルヴィック「飲む自然」 Danone Waters of Japan Co., Ltd / Volvic "Drinking Nature"

06.04.2012 tokyo | works

DY&Rでは、ボルヴィックの2012年新CMを制作。都市に暮らす"僕"のリアルなライフスタイルと、ボルヴィックの故郷であるフランス・オーヴェルニュの"雄大な自然"をアニメーションならではの手法で表情豊かに描き出します。 キャラクターデザインを大友克洋氏が担当し、アニメーション制作STUDIO4℃、監督:小原秀一氏で制作しました。 自然の力が宿る水・ボルヴィックの世界観を、クリエイティブ・パワーが宿るオリジナルアニメーションでたっぷりとお楽しみください。
DY&R produced a new TV commercial for Volvic in 2012. It depicts expressively "the man's" real urban lifestyle and "vast nature" of Auvergne in France in a unique animation style. Mr. Katsuhiro Otomo designed the character and STUDIO4℃produced the animation with the director, Mr. Hidekazu Ohara. Please enjoy the world of Volvic, water with the power of nature, in the original animation full of creative power.


back to top

「Gift of Life(ギフト・オブ・ライフ)プロジェクト」が「日本PR大賞~2010年PRアワード」の「ソリューション・コミュニケーション部門」優秀賞を受賞。 "Gift of Life Project" Won the Award of Excellen

12.22.2010 tokyo | works

電通YRは、凸版印刷、電通PRとともに企画実施したキャンペーン「Gift of Life(ギフト・オブ・ライフ)プロジェクト」で、「日本PR大賞~2010年PRアワード」の
「ソリューション・コミュニケーション部門」優秀賞を受賞しました。


PRアワードは、日本パブリックリレーションズ協会が主催し、2010年度のPRキャンペーンのうち優れた事例を表彰するものです。

「Gift of Life(ギフト・オブ・ライフ) プロジェクト」キャンペーンは、2010年7月に施行された「改正臓器移植法」を契機とした臓器移植への理解・啓発を目的とした社会貢献型のコミュニケーションで、その企画力とキャンペーンの内容が評価された受賞となりました。
Dentsu Y&R teamed up with Toppan Printing and Dentsu Public Relations to plan and execute the “Gift of Life Project” campaign, which won the Award of Excellence in Solution Communication at the Japan PR Awards 2010.

Japan PR Awards is hosted by the Public Relations Society of Japan to commend excellence in PR campaigns conducted during the year.

“Gift of Life Project” targets social contribution, aiming to raise awareness and understanding of organ transplants. This follows the implementation of the Revised Act on Organ Transplantation in July 2010. The campaign’s planning and impressive contents were cited as reasons for the award.