■田中貴金属工業株式会社 純金積立・プラチナ積立 「みんなでコツコツ篇2016」

03.21.2017 tokyo | works



電通Y&Rでは、田中貴金属工業様 純金積立・プラチナ積立のTVCMを制作いたしました。

この新TV-CM「みんなでコツコツ篇2016」では、「純金積立・プラチナ積立といえば、田中貴金属」の認知向上を目的とし、月々3,000円から始められる「純金積立・プラチナ積立」の手軽さを幅広い層の人々に周知し、積立商品をより身近に感じていただくことを目指しました。

関連Webサイト:http://gold.tanaka.co.jp/kotsukotsu2016/

back to top

■JAF(一般社団法人日本自動車連盟) 動画「【防犯カメラ映像】ラップでアフレコしてみた」

02.24.2017 tokyo | works

DY&Rでは、JAF(一般社団法人日本自動車連盟)のデジタル会員証登録促進のためのコミュニケーションを担当し、「【防犯カメラ映像】ラップでアフレコしてみた」を制作いたしました。

【防犯カメラ映像】ラップでアフレコしてみた パンツ男(0:53)

【防犯カメラ映像】ラップでアフレコしてみた 転がる子ども(0:56)

【防犯カメラ映像】ラップでアフレコしてみた ビンタ妻(0:58)

この一連の動画では、JAF会員証を掲示することでメリットのある様々な店頭において、JAFのカードがなかなか見つからないという風景を防犯カメラ風の映像でコミカルに描きながら、スマートフォンで掲示ができるデジタル会員証のメリットを訴求し、そこに人気のラッパーによるラップをアテレコしています。ソーシャルメディアで多くの話題を呼び、Yahoo!のトップでも紹介されました。

制作チームが目指したのは、JAFデジタル会員証の登録促進。特に若年層において、認知が低いという点に注目し、彼らにささるコミュニケーションを模索しました。
その中で、このターゲット層においてはRAPが人気だということと、またドキュメンタリー(的な)映像こそがバイラルを生み、効果的で効率的なリーチを期待できると判断し、これらのアイディアに至りました。ラッパーには、話題沸騰中のDOTAMA(ドタマ)とCHARLES(シャルル)を起用。フリースタイルバトルのような本気のアテレコ・ラップは必見です。
YouTubeのJAF公式アカウントで公開している他、JAFがブース展開するモータースポーツ、クルマ・バイク関連などのイベント会場での放映など、幅広く展開しています。

back to top

株式会社ドール/東京マラソン2015「WEARABLE_BANANA(ウェアラブルバナナ)」/Dole/Tokyo Marathon 2015 "WEARABLE BANANA"

03.19.2015 tokyo | works

電通Y&Rでは、株式会社ドールの「極撰(GOKUSEN)」バナナ、「スポーツバナナラカタン」のブランドキャンペーンを企画・実施いたしました。

東京マラソンに協賛している株式会社ドールは、ランナーを応援する為に毎年約96,000本のバナナをランナーに無償提供しています。
協賛を始めて8年目を迎える今大会では、バナナの無償提供に加え、世界中で活況を迎えているウェアラブルデバイス・ブームに追随した、世界初"食べられるウェアラブルデバイス"、「ウェアラブルバナナ(Wearable_Banana)」を開発し、ランナーを応援しました。
完走タイム、心拍数、Twitterで取得した応援メッセージの他、東京マラソン2015コース内4か所の極撰バナナ摂取ポイントを教えてくれるバナナです。
ゴールインした後に、運動後に摂取することで疲労回復効果がある※という、中身のスポーツバナナ ラカタンを食べてもらうことで、その違いを実感してもらうことができます。またウェアラブルバナナが高い話題性を獲得することで、ドールバナナの認知拡大を図りました。

当日「ウェアラブルバナナ」を装着したランナーは見事東京マラソン2015を完走し、本キャンペーンは、国内の地上波テレビ番組や各種メディアだけでなく、ABC News、Wall Street Journal、Yahoo!、Huffington Post、Bloomberg他、海外のメディアにおいても大きな話題となっています。
http://www.dole.co.jp/wearablebanana/

※「スポーツバナナ ラカタン」について
一般的なバナナよりも約1.5~2倍のクエン酸を含んでおり、消耗したグリコーゲンの回復に効果があり、よりスポーツに適していると言われています。

Dentsu Y&R has planned and executed a promotional campaign for Dole's two banana brands, "GOKUSEN" and "Sports Banana Lakatan".

Dole, a sponsor of the Tokyo Marathon, distributes approximately 96,000 bananas for free to the runners every year. This year, marking the 8th year of sponsoring, we developed the world's first edible wearable device called "WEARABLE BANANA" to cheer the runners. Taking advantage of the wearable device boom, the banana was designed to display some useful information such as the runner's race time, heart rate, tweets from supporters and even the four designated places set in the marathon course to eat the GOKUSEN banana.

After crossing the finish line, runners also had the "Sports Banana Lakatan" with the effect of post-exercise recovery and experienced the difference from other bananas. In this campaign, we have sought to improve the awareness of Dole bananas by creating a lot of buzz with the innovative wearable device.

Runners with "WEARABLE BANANA" successfully finished the Tokyo Marathon 2015 and the campaign has drawn a great deal of attention from Japanese media as well as overseas including ABC News, Wall Street Journal, Yahoo!, Huffington Post and Bloomberg.

http://www.dole.co.jp/wearablebanana/

*"Sports Banana Lakatan" is good to eat after exercise as it contains 1.5 to 2 times more citric acid which helps restore glycogen exhausted by exercise.


back to top

能美防災株式会社 / 企業広告「Fire Typography」/Nohmi Bosai Ltd. / Corporate Advertising "Fire Typography"

01.19.2015 tokyo | works

DY&Rでは、能美防災のCMを制作いたしました。
古代から、人類は「火」によって幸せを手に入れ、同時に火災というリスクを抱えてきました。現代社会では多種多様な環境、空間が生まれ、火災の脅威はむしろ大きく複雑化しているといえます。そこで必要になっているのが能美防災の高度な防災技術です。DY&Rはこの技術を、不測のUNHAPPYを防ぎ、世の中のHAPPYを守るテクノロジーとして捉え、映像化しました。炎のリアリティを求めて、CMで登場するHAPPYの文字はCGではなく実写により制作しています。
DY&R produced a new TV commercial for Nohmi Bosai Ltd., a company offering fire protection services.
Since the ancient times, "fire" has enriched our lives and at the same time posed a fire risk. In a modern society, a fire can break out in diverse environments and situations, and the risk has become even bigger and complicated. So what we need is the advanced disaster prevention technology offered by Nohmi Bosai.
DY&R considered the technology as the one to prevent unexpected UNHAPPY events and keep our HAPPY life, and visualized it in the film using real fire.


Na:
火。火は生活を豊かにし、人を幸せにする。
でも時として、火は人を不幸にもする。
火災のない未来のために、私達は防災の研究を続けます。
進化する防災。能美防災。

Narration:
Fire. Fire enriches our lives and makes people happy.
But sometimes, it makes people unhappy too.
For the future without fire disasters, we will continue our research on disaster prevention.
Evolving technology of disaster prevention. Nohmi Bosai

back to top

ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社/ラグビーワールドカップインターナショナルトロフィーツアー、"The Least Driven Path"キャンペーン/ Jaguar Land Rover Japan Ltd. / Rugby World Cup 2015 (RWC2015)

09.26.2014 tokyo | works

DY&Rでは、ランドローバーがワールドワイドパートナーを務めるラグビーワールドカップ2015 のインターナショナルトロフィーツアー第一弾の運営協力と、ランドローバーの"The Least Driven Path"キャンペーンを実施致しました。

ER2015(England Rugby 2015)はラグビーワールドカップのPRキャンペーンとして、優勝トロフィーWebb Ellis Cupが世界15か国を巡るトロフィーツアーを実施しています。次大会が2019年に日本で開催されることから、日本がこのツアー最初の中継地となりました。

ランドローバーはこのツアーの一環として"The Least Driven Path"というキャンペーンを実施。その走行能力を証明するかのように、かつて人が通ったことのないような険しい道を通ってゴールを目指すもの。DY&Rはトロフィーツアーのコンセプトに合ったゴール地点の選定からオフロードの設計、アンバサダーとの企画調整と運営を行いました。

トロフィーが成田空港に到着し、元ラグビー日本代表選手でありランドローバーのブランドアンバサダーを務める大畑大介氏へ受け渡すところから始まり、日本の象徴、富士山のふもとを目指します。激しい大雨がふったり山の悪路を通ったりという困難を乗り越え富士山の展望地点にたどり着いた後は、大畑大介氏と元ラグビーウェールズ代表であるシェーン・ウィリアムス氏が地元の小学生にラグビーを教えるアクティビティを行い、子どもたちの笑顔とともにラグビーワールドカップトロフィーツアー第1弾は大成功の裡に終了しました。DY&Rはキャンペーンの目的を達成し、このキャンペーンはソーシャルメディアをはじめとした各種媒体にも掲載されています。
Dentsu Y&R supported Land Rover in their involvement of the Rugby World Cup Trophy Tour when the Trophy came to Japan in May 2014. The event was held in the build-up to Rugby World Cup 2015 in England of which Jaguar Land Rover serves as a Worldwide Partner.

During the Trophy Tour, the Webb Ellis Cup, the Trophy awarded to the winners of the Tournament, will travel to 15 countries around the world to promote RWC2015. And Japan became the first stop as it will also host the next Rugby World Cup in 2019.

Taking this opportunity, Land Rover through Dentsu Y&R ran "The Least Driven Path" campaign. It aimed to prove Land Rover's excellent driving performance by taking rough unbeaten paths toward the destination. We selected the destination in line with the concept for the Trophy Tour, designed off-road routes, and coordinated the operation with the brand ambassador.

The campaign started when the Trophy touched down in Narita Airport and was handed over to Mr. Daisuke Ohata, a former Japanese national rugby team player and now Land Rover's brand ambassador. The Land Rover car took the Trophy to one of Japan's iconic places, at the foot of Mt. Fuji while overcoming various obstacles such as a heavy downpour and bumpy mountain paths. After finally arriving at Mt. Fuji's observation point, Mr. Ohata and Mr. Shane Williams, a former Wales national rugby player, taught local elementary school children to play rugby. With their smiles, the RWC Trophy Tour successfully ended at the first stop Japan. Dentsu Y&R met all the client objectives and the campaign got wide media and social coverage.


来年イングランドで開催予定のラグビーワールドカップを盛り上げるために、「Webb Ellis Cupをこれまで訪れたことのない場所に連れて行く」というランドローバーならではのミッションを果たします。
Land Rover is committed to taking the Webb Ellis Cup to places it has never been before, as only Land Rover can, to help ER2015 build excitement for Rugby's showpiece event to be held in England next year.

back to top