採用関連ニュース

03.29.2016 tokyo | news

2017新卒採用のエントリーを開始いたしました。
募集要項・エントリー方法など詳細は、recruitページにてご確認ください。

back to top

2017年度新卒採用を実施いたします

03.07.2016 tokyo | news

2017年度新卒採用を実施いたします。
詳細は、随時recruitページに掲載いたします。

back to top

電通Y&Rは、約2年間無償のプロボノ支援活動を行ったことに対し、国連UNHCR協会より、感謝状を頂戴しました。 Dentsu Y&R has received a certificate of gratitude from the Japan Association for UNHCR.

02.12.2016 tokyo | news

【上の写真、左から】 猪瀬洋一 電通Y&R代表取締役社長、檜森隆伸 国連UNHCR協会事務局長
<From left > Yoichi Inose (President CEO of Dentsu Y&R), Takanobu Himori (Executive Director of the Japan Association for UNHCR)
【上の写真、左から】 山北太一 メディア&コンテンツプランニング局(以下MCP局)局長、清水覚(MCP局)、猪瀬洋一 代表取締役社長、布田強志(MCP局)、林慈郎 コミュニケーション・デザイン局コミュニケーション・プランニング部部長
<From left> Taichi Yamakita (Head of Media & Contents Planning Division (hereafter MCP Division)), Satoru Shimizu (MCP Division), Yoichi Inose (President CEO), Tsuyoshi Futa ( MCP Division), Jiro Hayashi (Head of Communication Planning Department, Communication Design Division)
電通Y&Rは、国連UNHCR協会(UNHCR《国連難民高等弁務官事務所》の日本公式支援窓口)より、感謝状を頂戴しました。

この感謝状は、電通Y&Rが日本では認知の低いUNHCRの存在・活動を啓発するコミュニケーションのプロボノ(職業上の知識とスキルを活かして行うボランティアの公益事業)支援を約2年間無償で行った事に対する感謝の意を表したものです。

電通Y&Rでは、この啓発活動のターゲットとして、「UNHCRの活動や難民支援について特にこれまでご存知なかった方」を中心に位置付け、彼らのモチベーションをデザインする活動について協働研究を行い、新たなUNHCR啓発活動のベクトル創造に大きく貢献いたしました。

【参画したスタッフ】
  • ・山北 太一 メディア&コンテンツプランニング局(以下MCP局)局長
  • ・林 慈郎 コミュニケーション・デザイン局コミュニケーション・プランニング部部長
  • ・深川 景子(第1アカウント・プランニング局)
  • ・清水 覚(MCP局)
  • ・布田 強志(MCP局)

【この記事に関しての参考URL】

http://www.japanforunhcr.org/archives/%3Fp%3D6297
Dentsu Y&R has received a certificate of gratitude from the Japan Association for UNHCR., an official gateway to supporting the UNHCR (Office of the United Nations High Commissioner for Refugees) of Japan.

This certificate was sent to express their appreciation of Dentsu Y&R's two-year pro-bono (a professional service done for the public good without compensation) activities that helped the enlightenment of the UNHCR's existence and its activities in the Japanese market, in which UNHCR's awareness is low.

Dentsu Y&R firstly determined their main target as "current donors" and "those who are interested in donation". And then, in cooperation with UNHCR, we conducted research about the activities that generate these target audiences' motivations, which greatly contributed to direct the new vector towards the UNHCR.'s enlightenment activities.

<Staff List>
  • Taichi Yamakita (Head of Media &Contents Planning Division, hereafter MCP Division)
  • Jiro Hayashi (Head of Communication Planning Department, Communication Design Division)
  • Keiko Fukagawa (Account Planning Division I)
  • Satoru Shimizu (MCP Division)
  • Tsuyoshi Futa (MCP Division)

<Reference URL about this article> *Japanese only

http://www.japanforunhcr.org/archives/%3Fp%3D6297

【国連UNHCR協会について】

http://www.japanforunhcr.org

back to top

Y&RグループのBAVコンサルティングが、ダボス会議で国のブランディングに関するリポート、「Best Countries」を発表しました。

02.03.2016 tokyo | news

Y&RグループのBAV Consultingが1月20日、ダボス会議にて、「Best Countries」を発表しました。これは、U.S. News & World Report とウォートン・スクール(ペンシルバニア大学のビジネススクール)との共同研究による、国のブランディングに関する調査レポートです。

国も、一つのブランドである。
この考えに基づいた本レポートは、全ての指標をパーセプション(認識・理解)においています。従来国を比較する調査と言えば、経済指標であったり、子供の学力テストのスコアだったり、と事実ベースのものが主でした。しかし、それらの数字では「一番良い国」はどこなのか、という問いには答えられません。そこに挑んだのが、この「Best Countries」です。
また、この調査は単なるイメージ調査に終わることなく、追求したいイメージのドライバになっているのはどのようなパーセプションなのかを細かく分析し、国や企業が今後行うべき政策・施策へのヒントを与えているという点においても、今までにない、全く新しい国のランキング調査と言えます。

■日本の順位
日本は総合で7番目に「良い」国と評価されました。
日本のどのようなポイントが評価されたのでしょうか?また、1位になった国はどこでしょうか?答えは、是非フル・レポート(※U.S.Newsのサイトにリンクします。英語のみ。)でご覧ください!

■調査対象:
 世界60カ国のエリート層、ビジネスパーソン、一般市民 計16,200人
■調査の示すもの:
 指標における、国のランキング
■指標の例:
 Global Citizenship, Cultural Influence, Entrepreneurship, Economic Growth, Quality of Lifeなど。
■関連記事(ニュース発信時現在、英語のみ)
 MSN, USA Today, Quartz, Twitter
■研究のベースにある4つの疑問
レポートでは、これらの疑問を読み解いていきます。
  1.  ① 様々な指標のうち、国のブランドを形成するパーセプションとは何か?
  2.  ② 理想的な国家 とはどのようなものか?
  3.  ③ 世界中の国や業界をリードし、政策を作っている立場の人にとって、互いに学びあえることとは何か?
  4.  ④ 国の、社会的、経済的、政治的な未来に影響するのはどんなパーセプションか?

back to top

電通Y&Rの社員が、Tokyo Midtown Award2015で準グランプリを受賞しました。/ Dentsu Y&R's employees won a Second Prize at Tokyo Midtown Award 2015.

01.25.2016 tokyo | news

電通Y&Rの社員、清水覚(メディア&コンテンツプランニング局)と山根準(第1アカウントプラニング局)の参加したチームが、Tokyo Midtown Award 2015のデザインコンペ部門において、準グランプリを受賞いたしました。
デザインコンペ部門の今年のテーマは、「おもてなし」。日本ならではの技術や伝統を活かし、かつ日本の心づかいが感じられる作品が求められました。2名の参加するチームの作品、「浮世絵プチプチ」は、応募作品全1,316作品の中から見事、準グランプリに選ばれました。

【作品コメント】
浮世絵の印刷されたプチプチです。贈り物を保護する目的で使用されるプチプチですが、浮世絵を描くことで、荷物を受け取った時のサプライズが加わるようにしました。20世紀初頭、日本人は浮世絵の刷り損じを緩衝材として、陶磁器を輸出し、ヨーロッパ人を驚かせていたと言います。その驚きを現代に蘇らせました。

==受賞概要==
【受賞した賞】
東京ミッドタウンアワード2015 デザインコンペ部門準グランプリ

【テーマ】
「おもてなし」

【審査員(敬称略)】
小山 薫堂、佐藤 卓、柴田 文江、原 研哉、水野 学

【作品名称】
浮世絵プチプチ

【受賞者】
でんでんたますこ
 清水 覚/東京都出身
 山根 準/島根県出身
 菅原 竜介/東京都出身
 上久保 誉裕/茨城県出身

【参考URL】
http://www.tokyo-midtown.com/jp/award/result/2015/design.html
http://www.tokyo-midtown.com/jp/about/press/2015/009624.html

【Tokyo Midtown Awardについて】
Tokyo Midtown Awardは、東京ミッドタウンが、"「JAPAN VALUE(新しい日本の価値・感性・才能)」を創造・結集し世界に発信し続ける街"を目指す一環として、2008年に設立された。次世代を担うアーティスト・デザイナーとの出会いと応援を目指し、アートコンペ、デザインコンペの2部門を設け、幅広く参加作品を募集。

アートコンペでは受賞者に制作補助金と展示スペースを提供し、作品発表のチャンスを実現。デザインコンペでは制約に縛られない自由な発想でのデザインを募り、受賞後は東京ミッドタウンが商品化の可能性を一緒に探る。
Dentsu Y&R is pleased to announce that our employees, Satoru Shimizu (Media & Contents Planning Division) and Hitoshi Yamane (Account Planning DivisionⅠ) participated in the Tokyo Midtown Award 2015 as a team and won the Second Prize in the Design Competition Category.
The theme of the category this year was "Omotenashi" or "Japanese Hospitality" and required creative work that represented careful consideration of Japanese culture and customs while taking advantage of the country's unique technologies and traditional craftsmanship.
The team's work called "Ukiyo-e (Japanese woodblock prints) Bubble Wrap" won the prize amongst 1,316 entries in total.

【Team's Comment】
This is our bubble wrap with Ukiyo-e printed on it. The bubble wrap is generally used for cushioning and surface protection for products including gifts. But we added Ukiyo-e to it so that the person who receives the gift can enjoy the art with a true surprise. It is said that in the early 20th century, the Japanese used "failed" woodblock prints as cushioning materials to export ceramics to Europe, which surprised people who received them. We brought this artistic surprise and delight into the modern times.

===Outline of the Award===
【Name of the prize awarded】
Tokyo Midtown Award 2015 Design Competition Category, Second Award

【Theme】
Omotenashi = Hospitality

【Judges】
Kundo Koyama, Taku Satoh, Fumie Shibata, Kenya Hara, Manabu Mizuno

【Name of the work】
Ukiyo-e bubble wrap

【Names of the winners】
DENDENTAMASUKO:
 Satoru Shimizu
 Hitoshi Yamane
 Ryusuke Sugawara
 Takahiro Uekubo

【Reference URL 】 *Japanese Only
http://www.tokyo-midtown.com/jp/award/result/2015/design.html
http://www.tokyo-midtown.com/jp/about/press/2015/009624.html

About Tokyo Midtown Award 2015:
Tokyo Midtown Award was established in 2008 by Tokyo Midtown as a part of the initiatives to make Tokyo Midtown the place where they continue to create, gather, and disseminate "JAPAN VALUE" which means the value, sensitivity, and talent of the New Japan to the world.

It aims to support young artists and designers of the next generation through the Award which consists of the two categories; the Art Competition and Design Competition.
Tokyo Midtown provides the Art Competition winners with production subsidy, exhibition space and opportunity to showcase their work. For the Design Competition winners, Tokyo Midtown supports them to explore the possibility of commercialization of their work.


back to top