スパイクス アジア 2014 (Spikes Asia 2014) PR部門グランプリ受賞、メディア部門でもゴールドを受賞しました

10.09.2014 tokyo | news

9月23日から26日、シンガポールで開催されたスパイクス アジア フェスティバル・オブ・クリエーティビティ2014(Spikes Asia Festival of Creativity 2014)」において、電通Y&Rは「BANANA TROPHY」(広告主:株式会社ドール様)キャンペーンで、PR部門のグランプリを受賞しました。また、同時にメディア部門で金賞、銀賞を受賞した他、デジタル、デザインの2部門においても銅賞を受賞しました。

Spikes Asia festival of Creativityは、アジア太平洋地域の広告分野における最大級のクリエイティビティの祭典で、22の国と地域から18部門、4,984のエントリー作品があった中、トータルで4部門、5つの受賞となります。


受賞の詳細は以下の通りです。

PR グランプリ

MEDIA

金賞 (Use of Ambient Media: Small Scale)

銀賞 (Use of Special Events And Stunt/Live Advertising)
ショートリスト

DIGITAL

銅賞 (User experience )

DESIGN

銅賞 (Promotional Items)

http://www.spikes.asia/winners/2014/pr/


今回の受賞は「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティフェスティバル」メディア部門ショートリスト入選に次ぐもので、このキャンペーンは、9月25日に発表された第54回ACC CMフェスティバルのインタラクティブ部門でも、ファイナリストに入選しています。
http://www.acc-cm.or.jp/festival/14fes_result/interactive.html

キャンペーンについてはこちら


<スパイクス アジア フェスティバル・オブ・クリエーティビティについて>
Spikes Asia festival of Creativityは、カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルと、ヘイマーケットメディアグループの協働で運営されているアジア太平洋地域の広告分野における最大級のクリエイティビティの祭典。応募にはアジアで公開されていることが条件であり、18部門からなる。

ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社/ラグビーワールドカップインターナショナルトロフィーツアー、"The Least Driven Path"キャンペーン/ Jaguar Land Rover Japan Ltd. / Rugby World Cup 2015 (RWC2015)

09.26.2014 tokyo | works

DY&Rでは、ランドローバーがワールドワイドパートナーを務めるラグビーワールドカップ2015 のインターナショナルトロフィーツアー第一弾の運営協力と、ランドローバーの"The Least Driven Path"キャンペーンを実施致しました。

ER2015(England Rugby 2015)はラグビーワールドカップのPRキャンペーンとして、優勝トロフィーWebb Ellis Cupが世界15か国を巡るトロフィーツアーを実施しています。次大会が2019年に日本で開催されることから、日本がこのツアー最初の中継地となりました。

ランドローバーはこのツアーの一環として"The Least Driven Path"というキャンペーンを実施。その走行能力を証明するかのように、かつて人が通ったことのないような険しい道を通ってゴールを目指すもの。DY&Rはトロフィーツアーのコンセプトに合ったゴール地点の選定からオフロードの設計、アンバサダーとの企画調整と運営を行いました。

トロフィーが成田空港に到着し、元ラグビー日本代表選手でありランドローバーのブランドアンバサダーを務める大畑大介氏へ受け渡すところから始まり、日本の象徴、富士山のふもとを目指します。激しい大雨がふったり山の悪路を通ったりという困難を乗り越え富士山の展望地点にたどり着いた後は、大畑大介氏と元ラグビーウェールズ代表であるシェーン・ウィリアムス氏が地元の小学生にラグビーを教えるアクティビティを行い、子どもたちの笑顔とともにラグビーワールドカップトロフィーツアー第1弾は大成功の裡に終了しました。DY&Rはキャンペーンの目的を達成し、このキャンペーンはソーシャルメディアをはじめとした各種媒体にも掲載されています。
Dentsu Y&R supported Land Rover in their involvement of the Rugby World Cup Trophy Tour when the Trophy came to Japan in May 2014. The event was held in the build-up to Rugby World Cup 2015 in England of which Jaguar Land Rover serves as a Worldwide Partner.

During the Trophy Tour, the Webb Ellis Cup, the Trophy awarded to the winners of the Tournament, will travel to 15 countries around the world to promote RWC2015. And Japan became the first stop as it will also host the next Rugby World Cup in 2019.

Taking this opportunity, Land Rover through Dentsu Y&R ran "The Least Driven Path" campaign. It aimed to prove Land Rover's excellent driving performance by taking rough unbeaten paths toward the destination. We selected the destination in line with the concept for the Trophy Tour, designed off-road routes, and coordinated the operation with the brand ambassador.

The campaign started when the Trophy touched down in Narita Airport and was handed over to Mr. Daisuke Ohata, a former Japanese national rugby team player and now Land Rover's brand ambassador. The Land Rover car took the Trophy to one of Japan's iconic places, at the foot of Mt. Fuji while overcoming various obstacles such as a heavy downpour and bumpy mountain paths. After finally arriving at Mt. Fuji's observation point, Mr. Ohata and Mr. Shane Williams, a former Wales national rugby player, taught local elementary school children to play rugby. With their smiles, the RWC Trophy Tour successfully ended at the first stop Japan. Dentsu Y&R met all the client objectives and the campaign got wide media and social coverage.


来年イングランドで開催予定のラグビーワールドカップを盛り上げるために、「Webb Ellis Cupをこれまで訪れたことのない場所に連れて行く」というランドローバーならではのミッションを果たします。
Land Rover is committed to taking the Webb Ellis Cup to places it has never been before, as only Land Rover can, to help ER2015 build excitement for Rugby's showpiece event to be held in England next year.

ドール「極撰(GOKUSEN)」バナナ/ バナナ トロフィーin 東京マラソン2014/Dole「GOKUSEN」Banana/ BANANA TROPHY in TOKYO MARATHON 2014

06.23.2014 tokyo | works

Banana Trophy in 東京マラソン2014
http://award.dole-tokyomarathon2014.com/jp/

電通Y&Rでは、東京マラソン2014を舞台に、株式会社ドールのバナナ「極撰(GOKUSEN)」のブランドキャンペーンを企画・実施いたしました。

「極撰」は、ドールバナナの最高級ブランドです。
そして、東京マラソンはアマチュアランナーにとっては最高峰の舞台。

そこで東京マラソン2014に協賛し、91,000本の「極撰」を無償提供することに加え、「極撰」を名実ともに"最高級のバナナ"としてブランディングすることを狙いました。

スポンサー企業の大半がランナーのゼッケンやコース内の広告スペースを活用したプロモーションにとどまっているように、厳しい規制の中で意義のあるブランドキャンペーンを実施することは容易ではありません。

その最高峰の舞台で、忘れられない「極撰」の体験をしてもらうために、"世界に1つだけの食べられるトロフィー"、「BANANA TROPHY」を開発。
抽選で選ばれた200名のランナーの氏名、完走タイム、Facebook上に書き込まれた友達の祝福コメントを、「極撰バナナ」にプリントしてプレゼントし、完走を祝福しました。

「バナナトロフィーをもらうために頑張った」、「もったいなくて食べられない」などの投稿が、Facebookを中心に720,000人へシェアされたほか、メディアコスト0円でTV・新聞など1億円超に相当するメディア露出を獲得し、キャンペーン情報は述べ2,800万人に行き届きました。

商品×リアルイベント×SNSをしっかりと結びつけ、栄養補給と共に完走の達成感を"噛みしめる"ことのできる本キャンペーンは、第61回カンヌライオンズ国際クリエイティビティフェスティバルのメディア部門ショートリストに入選し、国内外のウェブサイトでも数多く取り上げられています。
Dentsu Y&R has planned and executed a promotional campaign for Dole's premium banana brand called "GOKUSEN" for the TOKYO MARATHON 2014 event.

GOKUSEN is Dole's most supreme ranked banana.
And TOKYO MARATHON is the largest and most prestigious marathon race in Japan. Participating in the race itself is an "ultimate" experience for the runners.

So, we aimed to brand the GOKUSEN as the "ultimate banana" both in name and reality, by sponsoring TOKYO MARATHON 2014 and donating 91,000 bananas to the runners.

As most of sponsor companies execute their promotion only by using existing ad space such as runners' bibs or along the course, it is not easy to create an interesting brand campaign within these strict regulations.

In order to offer the runners an unforgettable "ultimate" experience in one of the world's top marathon races, we developed the concept of the "BANANA TROPHY", being the only one edible trophy in the world.
Over 200 selected runners drawn by a lottery received this special trophy which had each runner's name, finish time and congratulatory messages from their Facebook friends printed on the surface of the "GOKUSEN banana".

Comments such as "I did my best to receive the banana trophy" and "It is too precious to eat" were shared with 720,000 people, mainly on Facebook. The total media coverage was worth well over 100 million yen, reaching more than 28 million people despite the zero media cost.

The "GOKUSEN" campaign that linked the product with a real event and the use of social media while giving the runners nutritional support, as well as a sense of accomplishment, made the Media shortlist in the 61st Cannes Lions International Festival of Creativity in 2014, being picked up by many Japanese and overseas websites as well.

グローバルブランド調査BAVからみたサービスブランドの法則 -"おもてなし"をどのように測定するか/Rules of Service Brands from a "Brand Asset Valuator (BAV)" Perspective, Global Brand Survey - How to measure "Om

06.19.2014 tokyo | news

碩学舎より出版されました『グローバル・ブランディング』(松浦祥子氏:編著、発売元:中央経済社)の中で、弊社コミュニケーション・デザイン局 シニア・パートナー 戸川正憲が共著者として1章を担当いたしました。
本書は、サブタイトルの「モノづくりからブランドづくりへ」が表すように、これからの日本企業は良い製品を作ることと同様に、それを顧客に魅力的なブランドとして伝えていかなければグローバル市場における競争には勝てない、という視点でまとめられています。その中で、Y&Rグループのブランドパワー診断ツールである「BAV:BrandAsset Valuator」を紹介しております。

高度化する競争環境の中で、グローバル共通の指標でブランドの力を把握・測定することが一層重要になってきました。本書において戸川は、特にサービス分野のカテゴリー、「流通・小売り」カテゴリーと「ファストフード・レストランチェーン」カテゴリーのブランド価値について、日本を含めた6ヵ国のスコアなどを示しながら述べています。これは、日本企業が得意としている「おもてなし」という概念をいかに可視化し測定するかを、BAVのデータを使用して説明していると言えます。

ブランドの力を国や地域に関わりなく一つの同じ指標で測定できる「グローバル性」と、製品やサービスのカテゴリーに依存しない「カテゴリー横断性」は、BAVの大きな特徴です。その点で、海外市場の開拓や進出を推進している、あるいは計画している企業・団体のみなさまには少なからず示唆するところのある内容ではないでしょうか。

電通Y&Rが提供するBAVにご関心・お問い合わせのある方、どうぞ下記までご連絡ください。

電通ヤング・アンド・ルビカム株式会社
ナレッジ&IT部 鈴木
yoko_suzuki@dyr.jp

碩学舎サイトへは、こちらからどうぞ。


In the book "Global Branding" (written and edited by former Professor Shoko Matsuura), Dentsu Y&R's Masanori Togawa, Senior Partner in the Communication Design Division, wrote a chapter as a co-author. As the book's subtitle "Shifting from creating products to branding" suggests, the book is written from a perspective that Japanese companies in the future should not only create good products, but also communicate them as an attractive brand to their customers in order to win the global competition. The book also introduces "BAV: Brand Asset Valuator", a brand power diagnosis tool of Y&R group, which Dentsu Y&R utilizes for our clients.

In the more advanced competitive environment, it has been increasingly important to understand and measure the brand power by a common global metric. Dentsu Y&R's Togawa in the book, focuses on the brand values in the service field, especially the "distribution and retail", and "fast food and restaurant chain" categories, by showing many specific brands in six markets including Japan. In other words, it explains the concept of "Omotenashi" or "Hospitality", which Japanese companies are strong at, by visualizing and measuring it based on BAV data.

Dentsu Y&R's proprietary BAV study has two major characteristics: First, it is a single "global metric" by which we can measure the brand power regardless of country and region. Second, it is "category neutral", independent of any product or service categories. BAV is also conducted every few years by Y&R with over 50,000 brands in 51 countries. In this regard, we believe that the book will offer valuable insights to companies or groups developing or entering new segments or even planning business expansion overseas.

If you are interested in, or have any inquires about the BAV analysis as offered by Dentsu Y&R, please feel free to contact us as below.

Dentsu Y&R
Michael Atkins, Executive Director
michael_atkins@dyr.jp

Please click here to go to Sekigakusha's website.

マイケル・アトキンスの取締役就任について/Dentsu Y&R Japan appoints Michael Atkins as Executive Director

04.01.2014 tokyo | news

img_michael02.jpg 2014年3月28日、マイケル・アトキンスが新任取締役に就任いたしました。同氏は、日本市場で弊社の事業の継続的成長および発展の任を負います。

アトキンスはこれまで、広告および商業部門に長く携わってきており、中でも独立系のクリエイティブ・マーケティング・エージェンシーを設立し、「One Show Digital」を含め数々の賞を受賞するなど、17年以上にわたって事業で成功を収めてきました。その後、InnoceanエージェンシーグループのCOOに就任し、オーストラリアでヒュンダイ・キア自動車グループのマーケティング部門を率いました。前職として、フランスの多国籍企業、ヴェオリア・エンバイロメント社でCCOを務めました。

TNTエクスプレス社の日本支店の設立と経営に4年間携わっていた経験から、日本語が堪能です。その後、TNTエクスプレス社のグローバル本社(英国)に移り、6地域、46カ国のマーケティングとビジネス開発を担当しました。

電通Y&Rは、2つの異文化を持つ企業という強みを生かし、敏捷性に優れ広範囲にわたるグローバルなY&Rネットワークを活用することで、クライアントやそのブランドに対して、日本およびグローバルで、革新的なソリューションを提供しています。エージェンシーとクライアントサイドも含めた多岐にわたる経験を持つアトキンスの就任は、弊社にとって理想的な決定と言えます。電通とY&Rという2つの主要グローバル・コミュニケーション・グループのジョイント・ベンチャーという独自の性質をもった弊社の新任取締役として、アトキンスがクライアントの長期的なビジネスパートナーとして貢献することで、私たちは今後も、クライアントの最も重要なパートナーになることを目指してまいります。

Y&Rアジアのマシュー・ゴドフレイ社長は今回の就任に際して、「電通ヤング・アンド・ルビカムは1981年に創業し、アジア地域で最も歴史があり、最も成功したジョイント・ベンチャーの1つです。33年前、画期的なベンチャー企業として設立され、Y&Rが設立した多くの世界初のベンチャーのうちの1つでもありますが、世界で最も歴史のあるベンチャー企業と呼ばれるまでに成長しました。アトキンス取締役が電通ヤング・アンド・ルビカムでリーダーシップを発揮し、同社を次の段階へ発展させてくれることを期待しています。」と語っています。


-マイケル・アトキンス 略歴-
ニュージーランド出身。シドニー工科大学にて経営学を学び、TNTエクスプレス社 日本支店の設立と経営に携わる。TNTエクスプレス社英国本社に在籍以降、シドニーにおいてクリエーティブエージェンシーBush Atkinsを設立、Innocean エージェンシーグループのCOO、ヴェオリア・エンバイロメント社CCOを歴任し、2014年3月28日より、電通ヤング・アンド・ルビカム株式会社取締役に就任。



Yoichi Inose, President & CEO of Dentsu Young & Rubicam Inc. announced the appointment of Michael Atkins as the new Executive Director for Dentsu Y&R in Japan.

Based in Tokyo, Atkins is tasked with ensuring the continued growth and development of the Dentsu Y&R business in the Japanese market.

Much of Atkins' career has been in the advertising and commercial sector, having successfully run his own independent creative marketing services agency for over 17 years, winning awards including a One Show Digital. He then moved on to be COO of agency group Innocean, establishing the marketing services arm of the Hyundai Kia Automotive group in Australia. Most recently, Atkins was CCO at French multinational Veolia Environnement.

A fluent Japanese speaker, Atkins was previously based in Japan for four years when he established and ran the TNT Express business. He subsequently covered 46 countries throughout 6 regions for TNT Express in a marketing and commercial development role whilst based at their global head office in the UK.

Commenting on the appointment, Yoichi Inose, President & CEO of Dentsu Young & Rubicam Inc. said, "We welcome Michael back to Japan as the new Executive Director of Dentsu Y&R, a unique joint-venture of two leading global communications groups, Dentsu and Young & Rubicam. Working as long-term partners, our cross-cultural pedigree of our strength in Japan, along with the agility and depth of the global Y&R network, allows Dentsu Y&R to provide innovative solutions to our clients and their brands, both in Japan and globally. Michael's extensive experience, both agency and client-side make him the ideal choice for Dentsu Y&R in Japan, as we continue to strive to be our clients' most important partner."

Added Matthew Godfrey, President Y&R Asia, "Founded in 1981, Dentsu Y&R is one of the region's oldest and most successful partnerships; a groundbreaking venture 33 years ago, one of the many firsts for which Y&R is well-known - leading to us being dubbed the world's oldest start-up. We thank Bob Kerwin for his successful leadership of Dentsu Y&R in Japan and welcome Michael to the helm for the next phase of the agency's development."