能美防災株式会社 / 企業広告「Fire Typography」/Nohmi Bosai Ltd. / Corporate Advertising "Fire Typography"

01.19.2015 tokyo | works

DY&Rでは、能美防災のCMを制作いたしました。
古代から、人類は「火」によって幸せを手に入れ、同時に火災というリスクを抱えてきました。現代社会では多種多様な環境、空間が生まれ、火災の脅威はむしろ大きく複雑化しているといえます。そこで必要になっているのが能美防災の高度な防災技術です。DY&Rはこの技術を、不測のUNHAPPYを防ぎ、世の中のHAPPYを守るテクノロジーとして捉え、映像化しました。炎のリアリティを求めて、CMで登場するHAPPYの文字はCGではなく実写により制作しています。
DY&R produced a new TV commercial for Nohmi Bosai Ltd., a company offering fire protection services.
Since the ancient times, "fire" has enriched our lives and at the same time posed a fire risk. In a modern society, a fire can break out in diverse environments and situations, and the risk has become even bigger and complicated. So what we need is the advanced disaster prevention technology offered by Nohmi Bosai.
DY&R considered the technology as the one to prevent unexpected UNHAPPY events and keep our HAPPY life, and visualized it in the film using real fire.


Na:
火。火は生活を豊かにし、人を幸せにする。
でも時として、火は人を不幸にもする。
火災のない未来のために、私達は防災の研究を続けます。
進化する防災。能美防災。

Narration:
Fire. Fire enriches our lives and makes people happy.
But sometimes, it makes people unhappy too.
For the future without fire disasters, we will continue our research on disaster prevention.
Evolving technology of disaster prevention. Nohmi Bosai

Campaign Asia主催エージェンシー・オブ・ザ・イヤー・アワード2014 クリエイティブ・オブ・ザ・イヤーを受賞しました/Yuki Fuse won GOLD in the Japan/Korea Creative of the Year Category for Campaign Asia-Pacific Jap

12.15.2014 tokyo | news

キャンペーン・アジア・パシフィック主催エージェンシー・オブ・ザ・イヤー・アワードにおいて、電通Y&R コミュニケーション・プランニング部 布施優樹がクリエイティブ・オブ・ザ・イヤー(日本/韓国地区)を受賞しました。
これは、布施が中心となりプランニングした「BANANA TROPHY」キャンペーン(広告主:株式会社ドール様)が「スパイクス・アジア2014」PR部門グランプリを始めカンヌ・ライオンズやACC賞において受賞・入選したことが高く評価された結果です。


DY&R's Yuki Fuse (Communication Planning Dept.) won Japan/Korea Creative of the Year in the Campaign Asia-Pacific's Agency of the Year Award 2014!
He was highly recognized for his work "BANANA TROPHY" campaign (advertiser: Dole) which won "Spikes Asia 2014" PR Grand Prix, Cannes Lions Media Shortlist and ACC Finalist.

スパイクス アジア 2014 (Spikes Asia 2014) PR部門グランプリ受賞、メディア部門でもゴールドを受賞しました/Dentsu Y&R Tokyo won the 2014 Spikes Asia PR Grand Prix and Media Gold.

10.09.2014 tokyo | news

9月23日から26日、シンガポールで開催されたスパイクス アジア フェスティバル・オブ・クリエーティビティ2014(Spikes Asia Festival of Creativity 2014)」において、電通Y&Rは「BANANA TROPHY」(広告主:株式会社ドール様)キャンペーンで、PR部門のグランプリを受賞しました。また、同時にメディア部門で金賞、銀賞を受賞した他、デジタル、デザインの2部門においても銅賞を受賞しました。

Spikes Asia Festival of Creativityは、アジア太平洋地域の広告分野における最大級のクリエイティビティの祭典で、22の国と地域から18部門、4,984のエントリー作品があった中、トータルで4部門、5つの受賞となります。


受賞の詳細は以下の通りです。

PR グランプリ

MEDIA

金賞 (Use of Ambient Media: Small Scale)

銀賞 (Use of Special Events And Stunt/Live Advertising)
ショートリスト

DIGITAL

銅賞 (User experience )

DESIGN

銅賞 (Promotional Items)

http://www.spikes.asia/winners/2014/pr/


今回の受賞は「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティフェスティバル」メディア部門ショートリスト入選に次ぐもので、このキャンペーンは、9月25日に発表された第54回ACC CMフェスティバルのインタラクティブ部門でも、ファイナリストに入選しています。
http://www.acc-cm.or.jp/festival/14fes_result/interactive.html

キャンペーンについてはこちら


<スパイクス アジア フェスティバル・オブ・クリエーティビティについて>
Spikes Asia Festival of Creativityは、カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルと、ヘイマーケットメディアグループの協働で運営されているアジア太平洋地域の広告分野における最大級のクリエイティビティの祭典。応募にはアジアで公開されていることが条件であり、18部門からなる。



At the Spikes Asia Festival of Creativity 2014 held in Singapore from September 23 to 26, 2014, Dentsu Y&R Tokyo won PR Grand Prix for BANANA TROPHY campaign (client: Dole Japan, Inc.). At the same time, DY&R won Gold and Silver in Media and Bronze in both Digital and Design.

Spikes Asia Festival of Creativity is one of the biggest creativity festivals in the advertising industry in the Asia and Pacific region. Of 4,984 entries from 22 countries and regions covering 18 categories, Dentsu Y&R Tokyo won a total of 5 awards in 4 categories.


Below are the details of the awards.

PR Grand Prix

MEDIA

Gold (Use of Ambient Media: Small Scale)

Silver (Use of Special Events And Stunt/Live Advertising)
Shortlist

DIGITAL

Bronze (User experience )

DESIGN

Bronze (Promotional Items)

http://www.spikes.asia/winners/2014/pr/


These awards were a follow up to the Media Shortlisting at "Cannes Lions International Festival of Creativity 2014", and the campaign was also selected as a finalist for the Interactive Category at the 2014 54th ACC CM Festival announced on September 25.
http://www.acc-cm.or.jp/festival/14fes_result/interactive.html

Please click here for the campaign details.

< Spikes Asia Festival of Creativity >
Spikes Asia Festival of Creativity is one of the biggest creativity festivals in the advertising industry in the Asia and Pacific region, operated in collaboration with Cannes Lions International Festival of Creativity and Haymarket Media Group. There are 18 categories and the conditions of application are that the advertising should have been on public display in Asia.

ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社/ラグビーワールドカップインターナショナルトロフィーツアー、"The Least Driven Path"キャンペーン/ Jaguar Land Rover Japan Ltd. / Rugby World Cup 2015 (RWC2015)

09.26.2014 tokyo | works

DY&Rでは、ランドローバーがワールドワイドパートナーを務めるラグビーワールドカップ2015 のインターナショナルトロフィーツアー第一弾の運営協力と、ランドローバーの"The Least Driven Path"キャンペーンを実施致しました。

ER2015(England Rugby 2015)はラグビーワールドカップのPRキャンペーンとして、優勝トロフィーWebb Ellis Cupが世界15か国を巡るトロフィーツアーを実施しています。次大会が2019年に日本で開催されることから、日本がこのツアー最初の中継地となりました。

ランドローバーはこのツアーの一環として"The Least Driven Path"というキャンペーンを実施。その走行能力を証明するかのように、かつて人が通ったことのないような険しい道を通ってゴールを目指すもの。DY&Rはトロフィーツアーのコンセプトに合ったゴール地点の選定からオフロードの設計、アンバサダーとの企画調整と運営を行いました。

トロフィーが成田空港に到着し、元ラグビー日本代表選手でありランドローバーのブランドアンバサダーを務める大畑大介氏へ受け渡すところから始まり、日本の象徴、富士山のふもとを目指します。激しい大雨がふったり山の悪路を通ったりという困難を乗り越え富士山の展望地点にたどり着いた後は、大畑大介氏と元ラグビーウェールズ代表であるシェーン・ウィリアムス氏が地元の小学生にラグビーを教えるアクティビティを行い、子どもたちの笑顔とともにラグビーワールドカップトロフィーツアー第1弾は大成功の裡に終了しました。DY&Rはキャンペーンの目的を達成し、このキャンペーンはソーシャルメディアをはじめとした各種媒体にも掲載されています。
Dentsu Y&R supported Land Rover in their involvement of the Rugby World Cup Trophy Tour when the Trophy came to Japan in May 2014. The event was held in the build-up to Rugby World Cup 2015 in England of which Jaguar Land Rover serves as a Worldwide Partner.

During the Trophy Tour, the Webb Ellis Cup, the Trophy awarded to the winners of the Tournament, will travel to 15 countries around the world to promote RWC2015. And Japan became the first stop as it will also host the next Rugby World Cup in 2019.

Taking this opportunity, Land Rover through Dentsu Y&R ran "The Least Driven Path" campaign. It aimed to prove Land Rover's excellent driving performance by taking rough unbeaten paths toward the destination. We selected the destination in line with the concept for the Trophy Tour, designed off-road routes, and coordinated the operation with the brand ambassador.

The campaign started when the Trophy touched down in Narita Airport and was handed over to Mr. Daisuke Ohata, a former Japanese national rugby team player and now Land Rover's brand ambassador. The Land Rover car took the Trophy to one of Japan's iconic places, at the foot of Mt. Fuji while overcoming various obstacles such as a heavy downpour and bumpy mountain paths. After finally arriving at Mt. Fuji's observation point, Mr. Ohata and Mr. Shane Williams, a former Wales national rugby player, taught local elementary school children to play rugby. With their smiles, the RWC Trophy Tour successfully ended at the first stop Japan. Dentsu Y&R met all the client objectives and the campaign got wide media and social coverage.


来年イングランドで開催予定のラグビーワールドカップを盛り上げるために、「Webb Ellis Cupをこれまで訪れたことのない場所に連れて行く」というランドローバーならではのミッションを果たします。
Land Rover is committed to taking the Webb Ellis Cup to places it has never been before, as only Land Rover can, to help ER2015 build excitement for Rugby's showpiece event to be held in England next year.

ドール「極撰(GOKUSEN)」バナナ/ バナナ トロフィーin 東京マラソン2014/Dole「GOKUSEN」Banana/ BANANA TROPHY in TOKYO MARATHON 2014

06.23.2014 tokyo | works

Banana Trophy in 東京マラソン2014
http://award.dole-tokyomarathon2014.com/jp/

電通Y&Rでは、東京マラソン2014を舞台に、株式会社ドールのバナナ「極撰(GOKUSEN)」のブランドキャンペーンを企画・実施いたしました。

「極撰」は、ドールバナナの最高級ブランドです。
そして、東京マラソンはアマチュアランナーにとっては最高峰の舞台。

そこで東京マラソン2014に協賛し、91,000本の「極撰」を無償提供することに加え、「極撰」を名実ともに"最高級のバナナ"としてブランディングすることを狙いました。

スポンサー企業の大半がランナーのゼッケンやコース内の広告スペースを活用したプロモーションにとどまっているように、厳しい規制の中で意義のあるブランドキャンペーンを実施することは容易ではありません。

その最高峰の舞台で、忘れられない「極撰」の体験をしてもらうために、"世界に1つだけの食べられるトロフィー"、「BANANA TROPHY」を開発。
抽選で選ばれた200名のランナーの氏名、完走タイム、Facebook上に書き込まれた友達の祝福コメントを、「極撰バナナ」にプリントしてプレゼントし、完走を祝福しました。

「バナナトロフィーをもらうために頑張った」、「もったいなくて食べられない」などの投稿が、Facebookを中心に720,000人へシェアされたほか、メディアコスト0円でTV・新聞など1億円超に相当するメディア露出を獲得し、キャンペーン情報は述べ2,800万人に行き届きました。

商品×リアルイベント×SNSをしっかりと結びつけ、栄養補給と共に完走の達成感を"噛みしめる"ことのできる本キャンペーンは、第61回カンヌライオンズ国際クリエイティビティフェスティバルのメディア部門ショートリストに入選し、国内外のウェブサイトでも数多く取り上げられています。
Dentsu Y&R has planned and executed a promotional campaign for Dole's premium banana brand called "GOKUSEN" for the TOKYO MARATHON 2014 event.

GOKUSEN is Dole's most supreme ranked banana.
And TOKYO MARATHON is the largest and most prestigious marathon race in Japan. Participating in the race itself is an "ultimate" experience for the runners.

So, we aimed to brand the GOKUSEN as the "ultimate banana" both in name and reality, by sponsoring TOKYO MARATHON 2014 and donating 91,000 bananas to the runners.

As most of sponsor companies execute their promotion only by using existing ad space such as runners' bibs or along the course, it is not easy to create an interesting brand campaign within these strict regulations.

In order to offer the runners an unforgettable "ultimate" experience in one of the world's top marathon races, we developed the concept of the "BANANA TROPHY", being the only one edible trophy in the world.
Over 200 selected runners drawn by a lottery received this special trophy which had each runner's name, finish time and congratulatory messages from their Facebook friends printed on the surface of the "GOKUSEN banana".

Comments such as "I did my best to receive the banana trophy" and "It is too precious to eat" were shared with 720,000 people, mainly on Facebook. The total media coverage was worth well over 100 million yen, reaching more than 28 million people despite the zero media cost.

The "GOKUSEN" campaign that linked the product with a real event and the use of social media while giving the runners nutritional support, as well as a sense of accomplishment, made the Media shortlist in the 61st Cannes Lions International Festival of Creativity in 2014, being picked up by many Japanese and overseas websites as well.