JACK DANIEL'S Experience 2017 Japan を企画・実施しました

08.04.2017 tokyo | works

電通Y&Rでは、ブラウン・フォーマン ビバレッジス ジャパン様/アサヒビール株式会社様の「JACK DANIEL'S」のオリジナルイベントである『JACK DANIEL'S Experience 2017 Japan』を企画・実施いたしました。



JACK DANIEL'Sは、"酒と音楽で人々をつなぐ"をコンセプトに、メールやSNSの普及によって会えなくても人と繋がれるようになった現代において、あえて全国47都道府県を実際に訪れることで、本物の人と人の繋がりを作ることを目指しています。


電通Y&Rはコンセプトの開発、イベントの企画・制作からプロモーションサイト制作、告知までの全てを担当しています。


JACK DANIEL'Sの世界観を届ける】


JACK DANIEL'Sは時代の流れや周囲に流されることのないIndependentな(=独立心のある)ブランド。実際に、150年前から変わらぬ効率を求めることのない製法を守り続けています。

そのブランドの世界観を伝えるため、1939年式フォードトラックをベースとしたJACK CARで移動式BARを牽引しながら47都道府県すべてを訪れるという一見非効率な手法を取り、全てにおいてラギッド(=無骨)なブランドのトーン&マナーを守りながらも、最新のテクノロジーも用いてバイラル性の高い施策とすることの両立を目指しました。

<キャンペーンサイトはこちら>

http://japan.jackdaniels.com/index.php


EventA.pngのサムネール画像

JACK DANIEL'S Experience 2017 Japanの概要】


■この会場のみで使用できる専用硬貨

JACK DANIEL'S Experienceでのみ使用可能な、ジャックコイン。BARでドリンクを注文することでもらえます。銀古美加工を施したこのコインを使用することで、Independentで本格的なブランドの世界観を体感できる様々なアクティビティを楽しむことができます。

 

■世界でただ一つの記念品を作成するメモリアルバレル

JACK DANIEL'Sが実際に熟成されていた樽にその場で撮影した来場者の顔写真や名前を刻印します。このためにアメリカから樽を輸入し、切断・研磨などの工程を施した樽片に、最新の3Dレーザープリントを使用してその場で刻印します。

 

■オリジナルセレクションの楽曲を収録したジュークボックス

ジャックコインを使用し、ターゲットに刺さるIndependentな楽曲を収録したジュークボックスで好きな音楽を選んで流すことが可能。会場ではこのジュークボックスのプレイリストと完全連動のコンピレーションアルバムを限定で販売します。

 

■テネシー州リンチバーグの蒸溜所を仮想体験できるヴァーチャルリアリティ

360度に広がるVRを使用したコンテンツ。あたかもリンチバーグの蒸溜所が目の前に現れたかのような感覚で、150年間変わることのないJACK DANIEL'Sの酒造りにまつわる物語を体感いただけます。

 

■主要5エリアではフェス形式でのLIVEも実施。

JACK DANIEL'S

の価値観に共鳴する、我が道を貫き続けるアーティストが集い、音楽LIVEを開催します。


EventB.pngのサムネール画像2017512日(金)~2017122日(土)まで全国各地を巡って開催しています。

開催地及びスケジュールの確認は、下記キャンペーンサイトをご覧ください。


 <キャンペーンサイトはこちら>
http://japan.jackdaniels.com/index.php

<アサヒビール株式会社様/ブラウン・フォーマン ビバレッジス ジャパン様プレスリリース> http://www.asahibeer.co.jp/news/2017/0420.html


担当者コメント】


強いブランド力を持つJACK DANIEL'Sのコミュニケーションを企画する上では、常にクライアント様から「JACK DANIEL'Sでなければできないこと」というブリーフをいただきます。当施策においても、アクティビティから装飾小物の一つ一つのディテールまでラギッドなブランドの世界観を表現し、本物の価値を伝えることを追求しました。

本物の価値に共感するJACK DANIEL'Sのターゲット層に対しては、表層的なSNS施策等は通じないという前提で、一見、アナログで非効率なコミュニケーション手法を取りながら、ターゲットが興味を持つ形で、本質的な価値を伝えながらも、バイラル性も意識したコミュニケーションデザイン全体の設計を模索しました。

back to top

カンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバル2017にてグランプリほか受賞

06.29.2017 tokyo | news

2017年度 カンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバルにおいて、モバイル部門 グランプリ、グラス部門で日本初のブロンズ賞ほか、計4つの賞を受賞いたしました!

グラス部門は日本では初の受賞となります。

■作品名/広告主:

THE FAMILY WAY / 株式会社リクルートライフスタイル


■製品について:

男性が積極的に参加する妊活文化を創り出したスマホでできる、精子セルフチェック"Seem" 


■受賞詳細

<カンヌライオンズ2017>     ※( )内はサブカテゴリー

・モバイル部門 グランプリ (Utilities

モバイル部門 ゴールド (Apps as a Product

・モバイル部門 シルバー (Data / Insight

・グラス部門 ブロンズ (Glass

 

<ライオンズヘルス>

・ヘルス&ウェルネス部門 ショートリスト (Health & Wellness Tech)


<カンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバル2017 モバイル部門 グランプリ表彰式>




< 受賞概要 >


■作品名/広告主: 

THE FAMILY WAY / 株式会社リクルートライフスタイル

SeemBoard.jpg


Couple.png Seem_cut.pngのサムネール画像 Title.pngのサムネール画像


■カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルについて

カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(Cannes Lions International Festival of Creativity)は、カンヌ国際映画祭の一部として劇場広告映画のコンクールからスタートし、1954年からは独立して開催されています。規模の大きさ、審査員構成、入賞作品のレベルの高さなどから、数ある国際広告賞の中でも特に高い評価を得ています。


back to top

電通Y&R社員が第33回「読売広告大賞」グランプリを受賞しました

06.23.2017 tokyo | news

 電通Y&Rクリエイティブ局所属のコピーライター 味村真一(みむら しんいち)がグランプリを受賞いたしました。

 賞した作品は、「世界の名所・裏側広告」。同作は44社の協賛社の中から成田国際空港による「自分自身が見て聞いて全身で感じる(中略)成田空港から広がる世界」を表現したもので、味村はクリエイティブディレクター、コピーライターとして参加しました。


■賞名

2016年度 33 読売広告大賞 クリエイターの部 グランプリ


■制作意図

 インターネットやSNSが普及した時代。人々を海外旅行に向かわせるには、どうすればいいか?人間は知らず知らずのうちに、あらゆる物を自分のイメージだけで描いてしまう。
頭の中にはない世界の名所の「裏の顔」こそが、行って、見て、感じる体験の象徴ではないか。
表の顔をめくると裏の顔が現れる「世界の名所・裏側広告」。
新聞の媒体特性を活用したシリーズで、成田国際空港から、想像を超える出会いを。


■受賞作品

「世界の名所・裏側広告」7×2点 4回シリーズ

<スフィンクス篇>

Sphinx2.jpgのサムネール画像

<凱旋門篇>
ArcDeTriumphe.jpg
<自由の女神篇>
StatueofLiberty.jpg

<万里の長城篇>
WanliChangcheng.jpg

■受賞者詳細

<プロフィール>

味村 真一(みむら しんいち)

クリエイティブ局 コピーライター

1983112 千葉県生まれ。やぎ座A型長男。フリーランスを経て20151月より現職。主な受賞歴に宣伝会議賞、朝日広告賞、広告電通賞、Japan Six Sheet Award、オンライン動画コンテストBOVA、農林水産広告賞など。


<受賞コメント>

 仕事で読んだ一冊の本の中に発見があった。「目の見えない人に表裏の概念はない。世界を立体的に捉えているからだ。」わかりやすい例を挙げると、東急線に大岡山という駅がある。山とは呼べないほど低い山だ。しかし視覚障がい者の方は、足の裏で角度を測り、まるで鳥のような視点で大岡山をちゃんと「山」として認識しているのだそうだ。検索窓に「凱旋門の裏」と打ち込んだ。のっぺら坊の凱旋門が出てきた。そこから企画は一気に出来上がった。考えてみれば人間は、なんと既成概念にとらわれ生きていることだろう。大人は汚い。社会は厳しい。あいつは無能だ。そんな誰かが、いや自分が勝手にイメージした言葉にとらわれず、世界をフラットに捉えて、常識を拡大し続けられる人間でありたい。仕事でも、それ以外でも。


■課題

<成田国際空港>

旅への誘い~成田から世界へ~

 成田国際空港は日本の表玄関として、海外38カ国3地域112都市(201691日現在)へ繋がる、豊富なネットワークがあり、毎日たくさんのお客様が、ここ成田国際空港から世界へと旅立っていきます。インターネットやSNSで世界中の様々な絶景を目にすることが多くなりましたが、百聞は一見に如かず。やはり、自分自身が見て聞いて全身で感じる、そんな体験に優るものはないのではないでしょうか。成田国際空港から広がる世界を表現して下さい。


■読売広告大賞について

 読売広告大賞」には、読売新聞に掲載された新聞広告を顕彰する「アドバタイザーの部」と、協賛社が出題したテーマ・課題をもとに、プロ・アマを問わず新聞広告作品を募集する「クリエイターの部」があります。33回目となる今回、「クリエイターの部」には1,038点の応募がありました。

<最終選考員>

佐々木 宏氏(選考委員長、クリエイティブディレクター)、谷山雅計氏(クリエイティブディレクター・コピーライター)、箭内道彦氏(クリエイティブディレクター・東京藝術大学美術学部デザイン科准教授)、森本千絵氏(コミュニケーション・アートディレクター)、秋元康氏(作詞家)、瀧本幹也氏(写真家)、福部 明浩氏(クリエイティブディレクター・コピーライター)、松田 陽三氏(読売新聞東京本社常務取締役広告担当)

<選考基準>

1.オリジナリティーがあり、アピールする力に優れている。

2.協賛社、および協賛社が提示した課題の趣旨を理解し、表現されている。

3.新聞媒体ならではの特性を生かしている。

4.公序良俗に反することなく、読者に不快感を与えないものである。

back to top

採用関連ニュース

05.11.2017 tokyo | news

2018新卒採用のエントリーは受付を終了いたしました。たくさんのご応募をありがとうございました。

back to top

哀悼:ブライアン・ハリソン氏

04.19.2017 tokyo | news

2003年より2008年まで電通ヤング・アンド・ルビカムの取締役チェアマンなどを務めたブライアン・ハリソン氏が74歳で亡くなられました。
ハリソン氏の社に対する貢献に改めて深く感謝するとともに、ご家族・ご親族の皆様に謹んで哀悼の意を表します。

R.I.P
http://www.campaignasia.com/article/obituary-brian-harrison/435495
It is with sadness that we note the passing of our friend Mr. Brian Harrison at the age of 74. Brian Harrison served Dentsu Young & Rubicam Inc. in Tokyo with distinction as Chairman from 2003 to 2008.

We would like to express our gratitude for his contribution to our company, and our hearts go out to his family and relatives at this time of sorrow.

May Brian finally Rest In Peace.
http://www.campaignasia.com/article/obituary-brian-harrison/435495

back to top