Y&RグループのBAVコンサルティングが、ダボス会議で国のブランディングに関するリポート、「Best Countries」を発表しました。

02.03.2016 tokyo | news

Y&RグループのBAV Consultingが1月20日、ダボス会議にて、「Best Countries」を発表しました。これは、U.S. News & World Report とウォートン・スクール(ペンシルバニア大学のビジネススクール)との共同研究による、国のブランディングに関する調査レポートです。

国も、一つのブランドである。
この考えに基づいた本レポートは、全ての指標をパーセプション(認識・理解)においています。従来国を比較する調査と言えば、経済指標であったり、子供の学力テストのスコアだったり、と事実ベースのものが主でした。しかし、それらの数字では「一番良い国」はどこなのか、という問いには答えられません。そこに挑んだのが、この「Best Countries」です。
また、この調査は単なるイメージ調査に終わることなく、追求したいイメージのドライバになっているのはどのようなパーセプションなのかを細かく分析し、国や企業が今後行うべき政策・施策へのヒントを与えているという点においても、今までにない、全く新しい国のランキング調査と言えます。

■日本の順位
日本は総合で7番目に「良い」国と評価されました。
日本のどのようなポイントが評価されたのでしょうか?また、1位になった国はどこでしょうか?答えは、是非フル・レポート(※U.S.Newsのサイトにリンクします。英語のみ。)でご覧ください!

■調査対象:
 世界60カ国のエリート層、ビジネスパーソン、一般市民 計16,200人
■調査の示すもの:
 指標における、国のランキング
■指標の例:
 Global Citizenship, Cultural Influence, Entrepreneurship, Economic Growth, Quality of Lifeなど。
■関連記事(ニュース発信時現在、英語のみ)
 MSN, USA Today, Quartz, Twitter
■研究のベースにある4つの疑問
レポートでは、これらの疑問を読み解いていきます。
  1.  ① 様々な指標のうち、国のブランドを形成するパーセプションとは何か?
  2.  ② 理想的な国家 とはどのようなものか?
  3.  ③ 世界中の国や業界をリードし、政策を作っている立場の人にとって、互いに学びあえることとは何か?
  4.  ④ 国の、社会的、経済的、政治的な未来に影響するのはどんなパーセプションか?

back to top

電通Y&Rの社員が、Tokyo Midtown Award2015で準グランプリを受賞しました。/ Dentsu Y&R's employees won a Second Prize at Tokyo Midtown Award 2015.

01.25.2016 tokyo | news

電通Y&Rの社員、清水覚(メディア&コンテンツプランニング局)と山根準(第1アカウントプラニング局)の参加したチームが、Tokyo Midtown Award 2015のデザインコンペ部門において、準グランプリを受賞いたしました。
デザインコンペ部門の今年のテーマは、「おもてなし」。日本ならではの技術や伝統を活かし、かつ日本の心づかいが感じられる作品が求められました。2名の参加するチームの作品、「浮世絵プチプチ」は、応募作品全1,316作品の中から見事、準グランプリに選ばれました。

【作品コメント】
浮世絵の印刷されたプチプチです。贈り物を保護する目的で使用されるプチプチですが、浮世絵を描くことで、荷物を受け取った時のサプライズが加わるようにしました。20世紀初頭、日本人は浮世絵の刷り損じを緩衝材として、陶磁器を輸出し、ヨーロッパ人を驚かせていたと言います。その驚きを現代に蘇らせました。

==受賞概要==
【受賞した賞】
東京ミッドタウンアワード2015 デザインコンペ部門準グランプリ

【テーマ】
「おもてなし」

【審査員(敬称略)】
小山 薫堂、佐藤 卓、柴田 文江、原 研哉、水野 学

【作品名称】
浮世絵プチプチ

【受賞者】
でんでんたますこ
 清水 覚/東京都出身
 山根 準/島根県出身
 菅原 竜介/東京都出身
 上久保 誉裕/茨城県出身

【参考URL】
http://www.tokyo-midtown.com/jp/award/result/2015/design.html
http://www.tokyo-midtown.com/jp/about/press/2015/009624.html

【Tokyo Midtown Awardについて】
Tokyo Midtown Awardは、東京ミッドタウンが、"「JAPAN VALUE(新しい日本の価値・感性・才能)」を創造・結集し世界に発信し続ける街"を目指す一環として、2008年に設立された。次世代を担うアーティスト・デザイナーとの出会いと応援を目指し、アートコンペ、デザインコンペの2部門を設け、幅広く参加作品を募集。

アートコンペでは受賞者に制作補助金と展示スペースを提供し、作品発表のチャンスを実現。デザインコンペでは制約に縛られない自由な発想でのデザインを募り、受賞後は東京ミッドタウンが商品化の可能性を一緒に探る。
Dentsu Y&R is pleased to announce that our employees, Satoru Shimizu (Media & Contents Planning Division) and Hitoshi Yamane (Account Planning DivisionⅠ) participated in the Tokyo Midtown Award 2015 as a team and won the Second Prize in the Design Competition Category.
The theme of the category this year was "Omotenashi" or "Japanese Hospitality" and required creative work that represented careful consideration of Japanese culture and customs while taking advantage of the country's unique technologies and traditional craftsmanship.
The team's work called "Ukiyo-e (Japanese woodblock prints) Bubble Wrap" won the prize amongst 1,316 entries in total.

【Team's Comment】
This is our bubble wrap with Ukiyo-e printed on it. The bubble wrap is generally used for cushioning and surface protection for products including gifts. But we added Ukiyo-e to it so that the person who receives the gift can enjoy the art with a true surprise. It is said that in the early 20th century, the Japanese used "failed" woodblock prints as cushioning materials to export ceramics to Europe, which surprised people who received them. We brought this artistic surprise and delight into the modern times.

===Outline of the Award===
【Name of the prize awarded】
Tokyo Midtown Award 2015 Design Competition Category, Second Award

【Theme】
Omotenashi = Hospitality

【Judges】
Kundo Koyama, Taku Satoh, Fumie Shibata, Kenya Hara, Manabu Mizuno

【Name of the work】
Ukiyo-e bubble wrap

【Names of the winners】
DENDENTAMASUKO:
 Satoru Shimizu
 Hitoshi Yamane
 Ryusuke Sugawara
 Takahiro Uekubo

【Reference URL 】 *Japanese Only
http://www.tokyo-midtown.com/jp/award/result/2015/design.html
http://www.tokyo-midtown.com/jp/about/press/2015/009624.html

About Tokyo Midtown Award 2015:
Tokyo Midtown Award was established in 2008 by Tokyo Midtown as a part of the initiatives to make Tokyo Midtown the place where they continue to create, gather, and disseminate "JAPAN VALUE" which means the value, sensitivity, and talent of the New Japan to the world.

It aims to support young artists and designers of the next generation through the Award which consists of the two categories; the Art Competition and Design Competition.
Tokyo Midtown provides the Art Competition winners with production subsidy, exhibition space and opportunity to showcase their work. For the Design Competition winners, Tokyo Midtown supports them to explore the possibility of commercialization of their work.


back to top

「ブランドエナジーセミナー2015」を開催いたしました。/"Brand Energy Seminar 2015" was recently held by Dentsu Young & Rubicam  Tokyo

12.04.2015 tokyo | news

11月18日、お茶の水のcafe104.5において、ブランドエナジーセミナー2015を開催いたしました。
Dentsu Young & Rubicam Tokyo held their Brand Energy Seminar 2015 on November 18 at café 104.5 in Ochanomizu.

第1部では、ヤング・アンド・ルビカム EMEA(ヨーロッパ/中東/アフリカ)地域統括チーフ・ストラテジー・オフィサーであるソウル・ベトミード氏を、基調講演者としてロンドンから迎え、世界最大級のブランド診断ツールであるBrandAsset® Valuator(BAV)をベースとした、"Brand Tensity = Tension+Irresistibility" という新しいブランディングの考え方を、最新の事例を交えてプレゼンテーションいたしました。
In Part 1 of the Seminar, Saul Betmead, Chief Strategy Officer EMEA (Europe / Middle East / Africa), Young & Rubicam, who is based in London, made a keynote speech under the theme of "Brand Tensity = Tension + Irresistibility". It is the new branding concept based on BrandAsset® Valuator (BAV), the world's largest brand valuation tool. Saul also presented the latest global case studies using BAV.

第2部では、弊社ストラテジック・プランニング部のシニア・パートナー、戸川正憲からBAVの説明と、10月に実施したばかりのBAV2015の最新の調査結果とともに、日本における"Brand Tensity"の事例をご紹介いたしました。
In Part 2, Masanori Togawa, Senior Partner, Strategic Planning Department, Dentsu Young & Rubicam, explained about BAV and introduced some case studies of "Brand Tensity" in Japan as well as the latest survey results of BAV2015 conducted in October 2015.

第3部では、弊社ストラテジック・プランニング部 部長 長沢朋哉をモデレータとした、ベトミート氏・戸川氏とのパネルディスカッション・Q&Aの時間を設け、"Tensity"という抗い難い魅力の創出と、BAVで測定される差別性と適切性の最適バランスによるブランドマネジメントが今後は重要になるという結論で締めくくられました。

講演の終了後は、懇親パーティの時間を設け、活発な質問や意見交換などを頂き、盛況のうちに終了いたしました。

*ベトミート氏は、はY&Rを代表するトッププランナーの一人で、2015年カンヌ・クリエイティビティフェスティバルではVodafone トルコの「Between Us」キャンペーンでメディア・グランプリ、国立ロシア孤児基金「Twin Souls Project」でデータ・ゴールドを受賞しています。 現在担当しているクライアントは消費財から航空・通信まで多岐にわたります。

講演内容やBAV、"Brand Tensity"に関して、ご興味やご質問などございましたら、bav@dyr.jpまでお問い合わせください。
In Part 3, we held a panel discussion and Q&A session with Saul Betmead and Masanori Togawa, moderated by Tomoya Nagasawa, Head of the Strategic Planning Department, Dentsu Young & Rubicam. In the discussion, they concluded that creating irresistible charms called "Tensity" and the brand management with the optimal balance between differentiation and relevance measured by BAV, would be important in the future.

After the seminar, we had a networking party where there were lively exchanges of opinions and questions among participants. We successfully ended the seminar with many of the over 60 clients and potential clients gaining great insights.

*Saul Betmead is one of the top global planners at Y&R and he authored the 2015 Cannes Media Grand Prix winning "Between Us" from Vodafone Turkey and the Cannes Data Gold winner "Twin Souls Project" for The National Russian Orphan Foundation. Saul works with clients in many categories ranging from FMCG, Financial Services, Pharma, Airlines, Automotive to Telco.

For more details of the seminar, DY&R Tokyo's BAV or Brand Tensity, please inquire at bav@dyr.jp

back to top

電通Y&R独自の、「ブランド価値診断システム(BAV)」の最新調査が10月にスタートしました。/The latest survey of Dentsu Y&R's proprietary BrandAssetⓇ Valuator (BAV) has started in October 2015.

11.02.2015 tokyo | news

電通Y&R独自の、「ブランド価値診断システム(BAV)」の最新調査が10月にスタートしました。お客様には、11月中旬以降順次、データのご提供が可能となります。

競争が激化するマーケットの中であらゆる製品が同質化し、もはやスペックだけでは差別化できない昨今。「ブランド」の持つ意味はこれまで以上に大きくなっています。また事業構造が多様化する中、既存の競合相手にとらわれないブランドのフレームワークが必要となっています。

電通Y&Rは世界で20年以上のデータ蓄積と分析をしてきた経験を活かし、BAVだけのもつ強みを駆使して、ブランド成長とマーケティング戦略構築のお手伝いをいたします。

詳細はBAVのページをご覧ください。
The latest survey of Dentsu Y&R Tokyo's proprietary BrandAssetⓇ Valuator (BAV) has started in October 2015 and be available to clients late in Q4/2015 and into 2016.

In the current increasingly competitive market, all products have been commoditized and are difficult to differentiate just with their own specifications, which has made the role of the "brand" even bigger than ever before. In addition, as the business structure has been diversified, it is now required to have a competitive brand positioning not only in the existing market, but also considering the threat of other category competitors. As well, "product/service trust and /or corporate trust" has become a vital component of assessing the health of brand.
Therefore, Dentsu Y&R Tokyo would like to support your brand growth and strategic plans using the inherent strengths of BAV, which has over 20 years of brand analysis and database history at its disposal.

Please see the BAV page for more details.

back to top

2015 (第55回) ACC CM FESTIVALにて「ACCシルバー」を受賞しました。Dentsu Y&R Tokyo won an ACC Silver Award at the 2015 (55th annual) ACC CM Festival.

10.01.2015 tokyo | news

電通Y&Rが制作したTVCMが、2015 55th ACC CM FESTIVAL(全日本シーエム放送連盟主催)にて「ACCシルバー」を受賞しました。
Dentsu Y&R Tokyo won an ACC Silver Award at the 2015 (55th annual ) ACC CM Festival (organized by All Japan Radio & Television Commercial Confederation).

◆SANYO ESSENTIALS(広告主:三陽商会様 Sponsor: Sanyo Shokai)

■受賞名:ACCシルバー
■部門:フィルム部門 Aカテゴリー
    (テレビCM・地域テレビCM)
■広告主:三陽商会
■商品名:SANYO ESSENTIALS
■題名:FLYING ESSENTIALS (60秒)
■広告会社:電通ヤング・アンド・ルビカム
■制作会社:サンク
■Award Name: ACC Silver
■Category: Film A (TVCM, Local TVCM)
■Sponsor: Sanyo Shokai
■Product Name:SANYO ESSENTIALS
■Title: FLYING ESSENTIALS (60 sec.)
■Ad Agency: Dentsu Young & Rubicam
■Production: CINQ

back to top