電通Y&Rの手がけた「ウェアラブル・バナナキャンペーン」がADFEST 2016にて銅賞を受賞しました。

04.11.2016 tokyo | news

アジア太平洋地域最大の広告の祭典、「アジア太平洋広告祭(アドフェスト)2016」にて、電通Y&Rが手がけたドール様の「ウェアラブルバナナ」のキャンペーンが、60都市から集まった全3,112エントリー中、メディア-Use of Technology部門の銅賞を受賞しました。

<受賞内容>
 作品名:「ウェアラブルバナナ」キャンペーン
 広告主:株式会社ドール様
 賞:銅賞
 受賞部門:メディア-Use of Technology
http://www.adfest.com/pdf/ADFEST_2016_WINNERS_MEDIA_LOTUS.pdf

<ドールウェアラブルバナナキャンペーンの詳細>
Dentsu Y&R Tokyo won a Bronze Lotus for the WEARABLE_BANANA Campaign (Client: Dole) among a total of 3,112 entries from 60 cities in ADFEST 2016, one of the biggest, most prestigious advertising awards in the Asia Pacific region.

<Details of the Prize>
Entry Title: WEARABLE BANANA campaign
Client: Dole
Prize: BRONZE
Category: MEDIA LOTUS - Use of Technology Category
http://www.adfest.com/pdf/ADFEST_2016_WI
NNERS_MEDIA_LOTUS.pdf


<About Dole's WEARABLE BANANA Campaign>

http://www.dyr.co.jp/2015/03/19002134.html

<Dole 「WEARABLE_BANANA」キャンペーンの受賞歴>
■ADFEST 2016
銅賞 メディア-Use of Technology部門
■IPRAゴールデン・ワールド・アワード2015
スポンサーシップ部門 最優秀賞
イベントマネジメント部門 最優秀賞
■WOMMY アワード2015
銀賞 モメンタム部門
銅賞 エンゲージ部門
銅賞 テクノロジー・インプリメンテーション部門


<アドフェスト(ADFEST)について>


1998年に創設され、アジア広告協会連盟(AFAA)の後援によって運営されている、アジア太平洋地域最大級の広告の祭典。世界でも権威ある広告賞の一つとされている。フィルム、プレス、アウトドア、ラジオ、インタラクティブなど全18部門。

第19回「アジア太平洋広告祭(ADFEST 2016)」は、2016年3月16日から19日の4日間、タイのパタヤにて開催された。今年は60 都市から1,232社が参加し、昨年を上回る合計3,112作品がエントリーされた。
http://www.dyr.co.jp/2015/03/19002134.html

<Award history of Dole's "WEARABLE_BANANA" Campaign>
-Bronze: MEDIA LOTUS -Use of Technology Category at ADFEST 2016
-"Sponsorship -Agency" Award: IPRA Golden World Award 2015
-"Event management -Agency" Award: IPRA Golden World Award 2015
-Silver: Engagement Category at WOMMY AWARD 2015
-Bronze: Momentum Category at WOMMY AWARD 2015
-Bronze: Technology Implementation Category at WOMMY AWARD 2015

<About ADFEST>


ADFEST is the biggest advertising festival in Asia-Pacific region. Founded in 1998 and operated by the Asian Federation of Advertising Associations (AFAA), it has established a reputation as one of the most prestigious advertising awards in the world. There are 18 categories including Film, Press, Outdoor, Radio, and Interactive.

ADFEST 2016 was held in Pattaya, Thailand from March 16 to 19, 2016. This year, 1,232 delegates from 60 cities in the region have entered 3,112 works, surpassing last year's entry numbers.

back to top

電通Y&Rで実施したバナナトロフィーキャンペーンが書籍で紹介されました。

04.11.2016 tokyo | news

電通Y&Rが2014年に手がけたキャンペーン、「ドール バナナトロフィー」は、Spikes AsiaのPR グランプリをはじめ、カンヌ、ADFEST, Spikes Asiaなど世界の広告賞で素晴らしい評価を受けていますが(※下記参照)、そのキャンペーン内容がこの度書籍化され、3/8に発売開始となりました。

東京マラソン施策のドキュメンタリーと電通Y&Rが長年ドールのパートナー会社として、ブランディング・販促に携わっていることが載っています。

<本の詳細はこちら>
「広報の仕掛け人たち~PRのプロフェッショナルはどう動いたか~」
http://www.sendenkaigi.com/shikakenin/

<「バナナトロフィー」キャンペーンの詳細>
http://www.dyr.co.jp/2014/06/23185309.html
<Dole「バナナトロフィー」キャンペーンの受賞歴>
■Spikes Asia Festival of Creativity 2014:
-PR部門 グランプリ
-メディア (Use of Ambient Media)部門 金賞
-メディア(Use of Special Events and Stunt/Live Advertising)部門 銀賞
-デジタル部門 銅賞
-デザイン部門 銅賞

■ADFEST 2015
-メディア(BEST USE OF SOCIAL MEDIA)部門 銅賞
-フィルム(BEST USE OF COMMERCIAL PUBLIC SERVICES & PRIVATE SERVICES)部門 銅賞
-メディア(BEST USE OF AMBIENT:SMALL SCALE)銅賞

■CANNES LIONS 2014
-メディア部門 Shortlist
Our "Dole Banana Trophy" campaign which has earned a high reputation at various global ad awards such as Spikes Asia PR Grand Prix, Cannes and ADFEST (*See below) was introduced as a good PR case study in the book published by Sendenkaigi on March 8th, 2016.

The book covers not only the documentary on the campaign in the Tokyo Marathon held in 2014, but also that Dentsu Y&R has been engaged in branding and sales promotion as a Dole's partner for many years.

<Details of the book>
Title: "Those who work for PR behind the scenes. What actions did PR professionals take?" (Japanese only)
http://www.sendenkaigi.com/shikakenin/

<"Details of the Banana Trophy Campaign">
http://www.dyr.co.jp/2014/06/23185309.html

<Awards won with Dole's "Banana Trophy" Campaign>

■Spikes Asia Festival of Creativity 2014:
-Grand Prix: PR
-Gold: Media (Use of Ambient Media)
-Silver: Media (Use of Special Events and Stunt/Live Advertising)
-Bronze: Digital
-Bronze: Design

■ADFEST 2015
-Silver: Interactive Lotus: BEST USE OF SOCIAL MEDIA
-Bronze: Film Lotus: BEST USE OF COMMERCIAL PUBLIC SERVICES & PRIVATE SERVICES
-Bronze: Media Lotus: BEST USE OF AMBIENT: SMALL SCALE

■CANNES LIONS 2014
-Shortlist: Media

back to top

採用関連ニュース

03.29.2016 tokyo | news

2017新卒採用のエントリーを開始いたしました。
募集要項・エントリー方法など詳細は、recruitページにてご確認ください。

back to top

2017年度新卒採用を実施いたします

03.07.2016 tokyo | news

2017年度新卒採用を実施いたします。
詳細は、随時recruitページに掲載いたします。

back to top

電通Y&Rは、約2年間無償のプロボノ支援活動を行ったことに対し、国連UNHCR協会より、感謝状を頂戴しました。 Dentsu Y&R has received a certificate of gratitude from the Japan Association for UNHCR.

02.12.2016 tokyo | news

【上の写真、左から】 猪瀬洋一 電通Y&R代表取締役社長、檜森隆伸 国連UNHCR協会事務局長
<From left > Yoichi Inose (President CEO of Dentsu Y&R), Takanobu Himori (Executive Director of the Japan Association for UNHCR)
【上の写真、左から】 山北太一 メディア&コンテンツプランニング局(以下MCP局)局長、清水覚(MCP局)、猪瀬洋一 代表取締役社長、布田強志(MCP局)、林慈郎 コミュニケーション・デザイン局コミュニケーション・プランニング部部長
<From left> Taichi Yamakita (Head of Media & Contents Planning Division (hereafter MCP Division)), Satoru Shimizu (MCP Division), Yoichi Inose (President CEO), Tsuyoshi Futa ( MCP Division), Jiro Hayashi (Head of Communication Planning Department, Communication Design Division)
電通Y&Rは、国連UNHCR協会(UNHCR《国連難民高等弁務官事務所》の日本公式支援窓口)より、感謝状を頂戴しました。

この感謝状は、電通Y&Rが日本では認知の低いUNHCRの存在・活動を啓発するコミュニケーションのプロボノ(職業上の知識とスキルを活かして行うボランティアの公益事業)支援を約2年間無償で行った事に対する感謝の意を表したものです。

電通Y&Rでは、この啓発活動のターゲットとして、「UNHCRの活動や難民支援について特にこれまでご存知なかった方」を中心に位置付け、彼らのモチベーションをデザインする活動について協働研究を行い、新たなUNHCR啓発活動のベクトル創造に大きく貢献いたしました。

【参画したスタッフ】
  • ・山北 太一 メディア&コンテンツプランニング局(以下MCP局)局長
  • ・林 慈郎 コミュニケーション・デザイン局コミュニケーション・プランニング部部長
  • ・深川 景子(第1アカウント・プランニング局)
  • ・清水 覚(MCP局)
  • ・布田 強志(MCP局)

【この記事に関しての参考URL】

http://www.japanforunhcr.org/archives/%3Fp%3D6297
Dentsu Y&R has received a certificate of gratitude from the Japan Association for UNHCR., an official gateway to supporting the UNHCR (Office of the United Nations High Commissioner for Refugees) of Japan.

This certificate was sent to express their appreciation of Dentsu Y&R's two-year pro-bono (a professional service done for the public good without compensation) activities that helped the enlightenment of the UNHCR's existence and its activities in the Japanese market, in which UNHCR's awareness is low.

Dentsu Y&R firstly determined their main target as "current donors" and "those who are interested in donation". And then, in cooperation with UNHCR, we conducted research about the activities that generate these target audiences' motivations, which greatly contributed to direct the new vector towards the UNHCR.'s enlightenment activities.

<Staff List>
  • Taichi Yamakita (Head of Media &Contents Planning Division, hereafter MCP Division)
  • Jiro Hayashi (Head of Communication Planning Department, Communication Design Division)
  • Keiko Fukagawa (Account Planning Division I)
  • Satoru Shimizu (MCP Division)
  • Tsuyoshi Futa (MCP Division)

<Reference URL about this article> *Japanese only

http://www.japanforunhcr.org/archives/%3Fp%3D6297

【国連UNHCR協会について】

http://www.japanforunhcr.org

back to top